肌への刺激は避ける

洗う時は、専用のスポンジで力を込めて擦ると肌を傷めてしまうので、ボディソープを十分泡立てて、手のひらを用いて力を込めることなく撫で回すかの如く洗浄してほしいと思います。
皮脂が過剰に分泌されていることだけがニキビの要因ではないということを認識してください。常習的なストレス、短時間睡眠、高カロリーな食事など、普段の生活がよろしくない場合もニキビができると言われています。
「若かった時は何も対策しなくても、一日中肌が潤っていた」という方でも、年齢が上がれば上がるほど肌の保湿能力が低下してしまい、結局乾燥肌になってしまうおそれがあります。
「10代の頃から喫煙している」といった人は、美白に役立つビタミンCがますます少なくなっていきますから、まったく喫煙しない人と比較して大量のシミやそばかすが生成されてしまうのです。
合成界面活性剤のみならず、防腐剤だったり香料などの添加物が配合されているボディソープは、肌を傷めてしまう可能性があるので、敏感肌だと言われる方は回避すべきです。